高橋かずひとのプログラミング、その他、備忘録。

日々調べてたことや、作ってみたものをメモしているブログ。 お決まりの断り文句ですが、このブログに書かれている内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。チラ裏。

在宅勤務でWeb会議中かどうかM5Stackで表示👀

実は4/1からフルリモートの現場勤務になっています。

そして、Web会議中は以下のようなドアプレートをつけていたのですが、、、

自分の部屋が2階奥のため、

案の定、家人から「部屋まで見に行くのがめんどい」と言われてしまいました、、、😇

 

と言うわけで、以前からあげさんが作られていたM5Stackのモニターを導入しようと思います🦔

と言いつつ、構成とかソースコードは、もはや別物になっているのですが、、、👻

M5Stack内で簡易Webサーバー立ち上げて、

ブラウザから表示内容を操作する形に変わっています(もう発想パクっただけの別ものに、、、

Blynk等は使用していないので、同一LAN内にいることが前提です。

外から操作とかは無理👀

 

ソースコードは以下にコミットしています。

 

PINTO_model_zoo:インスタンスセグメンテーション(295_SparseInst)デモ追加

PINTOさん気合入った改造していたようですが、ぼちぼち動いています👀

 

デモコードは以下にコミットしています👻

github.com

PINTO_model_zoo:単眼深度推定(294_FSRE-Depth)デモ追加

FSRE-Depthお試し中🦔

 

デモコードはPINTOさんのmodel zooにコミットしています。

Raspberry Pi 4向けのPerson Tracking(CPU推論4スレッドで85~120ms)

ラッキング(motpy)付けると流石に重くなる、、、👀

ギリギリ10fps前後ですね。

 

ソースコードはこちら👻

github.com

Raspberry Pi 4向けのPerson Detection(CPU推論4スレッドで45~60ms)

Raspberry Pi 4向けの人検出モデルです。

ノートPCとかでも動きますが、ノートPCで動かすくらいならYOLOXとか使ったほうが精度と速度のバランス良いと思います🦔

 

ソースコードとモデルは以下にコミットしています👻

github.com

暗所ノイズ除去 比較(231、241、243、285、SCI)

このシリーズの続きです👀

正直甲乙つけがたい、、、🦔


 

暗所ノイズ除去(SCI)のONNX変換お試し👀

SCIという軽量のLLIEモデルをONNXに変換して味見しました🦔

 

オリジナルリポジトリはこちら。

github.com

 

作成したコードはこちらにコミットしています👻

github.com