高橋かずひとのプログラミング、その他、備忘録。

日々調べてたことや、作ってみたものをメモしているブログ。 お決まりの断り文句ですが、このブログに書かれている内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。チラ裏。

Tensorflow

PINTO_model_zoo:暗所ノイズ除去(205_MBLLEN)Pythonデモ追加

MBLLENの味見をしています。 正直、暗闇での精度は他のLLIE系のモデルと比べて凄い凄くないは分りにくいですね BGRとRGB間違えました、、、こっちが正しいはず https://t.co/t67h72mv0Z pic.twitter.com/nc0dO9eamy — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@Kz…

PINTO_model_zoo:セマンティックセグメンテーション(201_CityscapesSOTA)Pythonデモ追加

PaddleSeg CityscapesSOTAを試しています。 以下は180x320の小さいサイズ版なのですが、精度の良さがうかがえます 201_CityscapesSOTAのONNXの味見遅くなったさすがに精度良いですね、、、何か後処理が若干独特な気がしますが、こんなもんかしら? pic.twitt…

PINTO_model_zoo:暗所ノイズ除去(200_AGLLNet)Pythonデモ追加

AGLLNetを試してみています 200_AGLLNet味見中ConvTransposeがCPUフォールバックしてしまって若干遅い、、、暗闇下での補正は流石の性能 pic.twitter.com/hOddstkfbo — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年12月7日 以前試したStableLLVEで…

NSFW判定お試し中👀

NSFW(Not Safe For Work:職場での閲覧注意)画像の判定を試しています ※画像はdevzwy/open_nsfw_androidより引用 オリジナルリポジトリは以下です。 いつものごとくONNXに変換して推論を試すサンプルを用意しています。 Colaboratoryのみで完結するよう作…

PINTO_model_zoo:人領域検出(196_human_segmentation_pphumanseg)Pythonデモ追加

PPHumanSegです あ、記憶違いだったかもCPU推論でも速度早くて、精度そこそこだこれがmodel_float32.onnxのほうです。i7-8750H@2.20GHzで17~20msぐらい? pic.twitter.com/OaVmA1c2X3 — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年12月5日 上がOp…

PINTO_model_zoo:線検出(108_HAWP)Pythonデモ追加

HAWPお試し中👀 M-LSDのほうが早くて精度もぼちぼちで使い勝手良さそうかしら、、、🦔 デモコードは以下にコミットしてます。 github.com

U-2-Netお試し中 & PINTO_model_zoo:Salient Object Detection(061_U-2-Net)Pythonデモ追加

BASNetに引き続き、U-2-NetでSalient Object Detection(SOD)を試しています U-2-Netは元々SODをターゲットとしたモデルだったのですが、セマンティックセグメンテーションやエッジ検出にも転用出来ることが分かっているモデルです。 BASNetとU-2-NetのSalie…

PINTO_model_zoo:顔検出(129_SCRFD)Pythonデモ追加

PINTO Model ZooのIssueを見ると何故か要望が多いSCRFDです 確かに速度と精度は良いですね。 YuNetみたいに速度に極振りみたいなモデルではなくバランスよく高クオリティな感じ 129_SCRFD味見中たしかに速度が速い割には、かなり検出が安定しているかも pic.…

PINTO_model_zoo:模範画像を用いた画像変換(193_CoCosNet)Pythonデモ追加

以下の3入力を持つ画像変換モデルです 入力用セグメンテーションマップ(下記の左から1枚目) 参考画像(下記の左から2枚目) 参考画像のセグメンテーションマップ 動作は公式の以下のデモ画像を見たら分かりやすいかと思います。 ※https://github.com/microsoft…

PINTO_model_zoo:車検出(178_vehicle-detection-0200)、人検出(179_vehicle-detection-0202)Pythonデモ追加

元OpenVINOの車検出モデル、人検出モデルですね。 PINTO Model zooにデモコードを追加しました エグめの雨動画でvehicle-detection-0200お試し pic.twitter.com/yfxDeZBxWD — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年11月24日 person-detection…

PINTO_model_zoo:線検出(119_M-LSD)Pythonデモ追加

再度使う可能性が出てきたため、デモコードを追加しました。 今回はONNXです。WindowsのノートPCで推論するだけならONNXは最強です(個人の感想です M-LSDで線検出をお試ししています(半年ぶり2回目)モデルはPINTOさん動物園のONNXです pic.twitter.com/r3Wj…

PINTO_model_zoo:ロードセグメンテーション(136_road-segmentation-adas-0001)Pythonデモ追加

ちょっと用事があってロードセグメンテーション味見中 136_road-segmentation-adas-0001味見中、、、正直精度はボチボチですが、使いたい用途には普通に使えそう pic.twitter.com/TO73D65KpP — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年11月23日…

PINTO_model_zoo:超解像(172_Real-Time-Super-Resolution)デモ追加

同解像度だとFast-SRGANのほうが早い? PINTO model zoo No.172:Real-Time-Super-Resolution64x64→256x256の超解像ソレっぽいですが、Fast-SRGANのほうが早かったかしら pic.twitter.com/O6RreGBuDE — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年…

PINTO_model_zoo:暗所ノイズ除去(176_StableLLVE)デモ追加 ※Low-Light Image Enhancement

Low-Light Image EnhancementモデルのデモをPINTO_model_zooに追加しました。 しかし、暗闇を見やすくするタスクって「Low-Light Image Enhancement」だと思うのですけど、これ日本語に訳すと何て表現すれば良いの? ONNX試してみました。結構良いかも? htt…

PINTO_model_zoo:単眼深度推定(146_FastDepth、158_HR-Depth)デモ追加

いや、追加したのは少々前なのですが、、、 書き忘れていたので、、、 本当は横長な動画をインプットすると良いのでしょうけど、、、まずはLite-HR-Depth速度の割にエッジとか奥行きがしっかりしている? pic.twitter.com/2LgFv4B7gu — 高橋 かずひと@孫請級…

PINTO_model_zoo:超解像(171_Fast-SRGAN)お試し🔍

Deep Learningの超解像と言えば、だいたい激重なイメージありますが、、、 Fast-SRGANは中々軽いです 動きました128x128→512x512だとCPU(i7-8750H)で200ms行かないぐらいですね。早いし見た目もそこそこTwitterにあげて動画ガビガビにならないか不安ですが、…

Google MobileObjectLocalizerを用いた物体位置検出

Google MobileObjectLocalizerと言うモデルがTensorFlow-Hubで公開されていたため、試してみました 上記ページによると、以下のような特徴を持つモデルのようです。 MobileObjectLocalizerはクラスに依存しないオブジェクト検出器です。 オブジェクト分類は…

TensorFlow SimilarityでMetric Learning🦔

TensorFlow SimilarityというMetric Learning(Similarity Learning?)のライブラリが発表されていました。 β版、かつ、Google非公式のプロジェクトのようですが、Metric Learningが手軽に出来そうで期待しています。 TensorFlow Similarity中々良さかも?こ…

MoveNetで複数人姿勢推定おためし🦔

試そう試そうと思っていたのですが、ちょっと案件が立て込んでて遅くなりました。 MoveNetの複数人数(最大6名)の姿勢推定です。 処理速度は激速です 精度は以下のような感じ↓ MoveNetのMultiPoseを試していますいや、早いなほんと、、、 pic.twitter.com/kAr…

Axross様への寄稿まとめ

今年に入ってからAxross様に技術記事を寄稿しています。 5つ寄稿し、多少キリが良いのでまとめて紹介しようと思います。 今のところ確定で1本寄稿を予定しており、評判が良ければ追加寄稿をAxross様と相談します。 Axrossとは 以下の理念で運営されているサ…

【TensorFlow Lite】Model Makerを使用したEfficientDet-Liteの訓練と推論🦔

EfficientDet-Liteのモデル訓練が実施したくて試してみました。 ソースコードは以下にコミットしています。 以前作ったObject Detection APIのハンズオン用資料と構成を似せてありますが、今回は何かのハンズオンで使う予定はなく、構成を似せただけです👻

単一の手のLocalizationモデルお試し作成中。その3。いったん完了。

以下の手検出ですが、いったん、ソースコードを整理して完了です。 お試しで作成出力が分類(無し/グー/パー)×1 と 回帰(X座標、Y座標)×2のLocalizationモデルです。ONNXに変換してCPU推論で動かしています。まあ、正直想定通りですが、、、僕のレベルじゃ、…

単一の手のLocalizationモデルお試し作成中。その2。

以下の続きです。 Raspberry pi4(num_threadsに2を指定)とUnityでの実行を試しています。 Raspberry pi4(num_threadsに2を指定)は以下。 ぼちぼちなのですが、TensorFlow Lite変換後の検出精度がイマイチになったよーな、、、? 60~70msくらい?うーん、、…

単一の手のLocalizationモデルお試し作成中。

発端は以下のお話し。 元々自社からも要望されていた調査ではあるのですが、、、 僕のもとに持ち込まれる手検出の相談って、、、「手検出は単一で良い」「パー/グーの分類が出来れば良い」「中心の1点のXY座標が取得できれば良い」ぐらいの機能で、仕様を満…

MediaPipe Handsを用いて非接触マウス操作🦔

表題の件、お試しで作成しています。 この手のソフトは相当操作感のチューニングをしないと使い物にならない印象がありますね、、、 ちょいちょい「非接触インターフェースに興味あります」と言うお客さんいるのですが、、、腕は疲れるわ。繊細な操作は出来…

Unity Barracuda でリバーシ(教師有り学習モデル)を動かしてみる🦔

TensorFlowでリバーシ用のモデルを教師有り学習で作りました。 せっかくなので、ONNXに変換しUnityのBarracudaで動かしてみています。 TensorFlowにて教師有り学習で作ったリバーシのモデルを、UnityのBarracudaで動かしてみています弱くも強くもないかなー …

tf-simple-metric-learningを用いてMNISTで距離学習

以前、見かけて良さそうと思っていたTensorflow用のMetric Learningライブラリです。 使いやすそうただ、弊上長とかはスター数が少ないって嫌がりそう、、、https://t.co/JpPMoSGTJw — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkhs) 2021年2月15日 あれから…

改めて、RaspberryPi4での手検出試行錯誤中②

試行錯誤中。。。 今回は「ラズパイ4のCPU推論」で「5〜10fps程度のリアルタイム」と言う制約があります Raspberry pi4のCPU推論(num_threads=2)で手検出、、、これでどうだーーー pic.twitter.com/9Jw11wIBMv — 高橋 かずひと@孫請級プログラマー (@KzhtTkh…

改めて、RaspberryPi4での手検出試行錯誤中。

2021年は流石に、もう手検出は自分でモデル訓練したり試行錯誤しなくても良いかなー。 と思っていたのですが、RaspberryPiで動かそうとすると、 そうも行かない雰囲気が出ていたので、再度いくつか試行錯誤しています。 MediaPipeのpalm_detection.tfliteの…

突然の朗報:「人気ブロガーからあげ先生のとにかく楽しいAI自作教室」電子書籍版発売開始🦔!!

※Amazonリンクです。少々画像引き延ばしすぎたかしら、、、 「人気ブロガーからあげ先生のとにかく楽しいAI自作教室」は、 書籍版/Kindle版ともに2021年1月8日(金)の発売予定でしたが、、、 何と電子書籍版が先行発売されました! 購入しました。読みました…