Kazuhito00のプログラミング、その他、備忘録。

日々調べてたことや、作ってみたものをメモしているブログ。 お決まりの断り文句ですが、このブログに書かれている内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。チラ裏。

【Python】OpenCVで取り込んだビデオデータを連番のjpgファイルで保存

正直、フリーツールとか探せばもっと良いのがゴロゴロしてると思う。
仕事とか迂闊にフリーツールを入れれない環境とかで、
毎回似たようなものを作成しているので、備忘録的に記載。

第1引数にビデオソース。
 →Webカメラにアクセスする際は、0-9の数字を指定。
  動画ファイルにアクセスするときは、相対か絶対パスで動画ファイルを指定。
第2引数にフレームレート。
 →表示する際のフレームレート。cv2.waitKey()の待ち時間を変更しているだけの手抜き処理。
第3引数に縮小率。
 →吐き出すjpgファイルのサイズを変更する際に指定。
  2を指定すると1/2の横縦幅の画像に。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

'''
video2jpg.py.

Usage:
  video2jpg.py [<video source>] [<fps>] [<resize_rate>]
'''

import numpy as np
import cv2
import sys

print(__doc__)

try:
    fn = sys.argv[1]
    if fn.isdigit() == True:
        fn = int(fn)
except:
    fn = 0
print fn

try:
    fps = sys.argv[2]
    fps = int(fps)
except:
    fps = 30
print fps

try:
    resize_rate = sys.argv[3]
    resize_rate = int(resize_rate)
except:
    resize_rate = 1
print resize_rate

video_input = cv2.VideoCapture(fn)
if (video_input.isOpened() == False):
    exit()

count = 0
while(True):
    count += 1
    count_padded = '%05d' % count

    ret, frame = video_input.read()

    height, width = frame.shape[:2]
    small_frame = cv2.resize(frame, (int(width/resize_rate), int(height/resize_rate)))

    cv2.imshow('frame', small_frame)
    c = cv2.waitKey(int(1000/fps)) & 0xFF

    write_file_name = count_padded + ".jpg"
    cv2.imwrite(write_file_name, small_frame)

    if c==27: # ESC
        break

video_input.release()
cv2.destroyAllWindows()

以上。